コロナ禍での妊娠が超ハードだった話(23)話したいけど話せない

前回の話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話(22)入院中の食事が…

第1話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話①妊娠判明(1)

本編

 

 

 

 

あとがき

注射嫌いにとっては、寝起きすぐの採血はかなりキツかったです。

でも、入院生活で何度も点滴や採血をしたので、注射嫌いは克服しました。
人間なんでも慣れるものですね。
今は採血でも気持ち悪くなったりしないと思います(久々にやったらどうかわかりませんが…)

 

点滴のおかげか、子宮頸管長は少し伸びていました。
お腹の赤ちゃんも、小さめながらも少しずつ成長していて嬉しかったです。

週に1~2回検査してもらえて、こまめにお腹の状態を知ることができたので、入院生活も悪いことばかりではありませんでした。

 

ただ、お腹の張りは相変わらずで全然改善せず、点滴が増えました…

最終的に、これ以上増やせない段階の一歩か二歩手前くらいまで増えました。
点滴が増えるたびに副作用が強くなるので、かなりしんどかったです。

コロナで面会できず、大部屋なので電話もできずでかなり孤独でした。
助産師さんや先生と話すことが入院生活の心の拠り所でした。

 

次の話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話(24)コロナ禍のバースプラン







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ