コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話③判断を誤った理由

前回の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話②産婦人科に連絡

出産レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話①まさかのぎっくり腰

妊娠レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話①妊娠判明(1)

 

本編

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

普通なら、過呼吸を起こしてブルブル震えるようになったら、体に異常があると思って病院を受診すると思います。

でも、私にとって過呼吸は身近な症状でした。

現在はたまにしか起こりませんが、パニック障害を発症したばかりのころは頻繁に発作を起こしていたので、過呼吸になることに慣れてしまっていたんです。

何十回何百回と経験しているので、発作を起こしても、自分で呼吸をコントロールしてすぐに落ち着かせることができるほどです。

 

腰の痛みが強かったのと、もうすぐ出産ということで、痛みに対する恐怖でパニックになっているんだと信じ込んでいました。

この時の過呼吸や震えは、しばらくしておさまりました。

 

次の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話④いつものパニックじゃない







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ