コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(27)出産翌日からスパルタ!

前回の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(26)眠れぬ夜

出産レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話①まさかのぎっくり腰

妊娠レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話①妊娠判明(1)

 

本編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

手術翌日なので、食事は重湯からかなぁと思っていたら、いきなり普通の朝ご飯が出てきて驚きました。

帝王切開翌日からの食事は病院によって方針が違うそうで、重湯から始めるところもあれば、私が入院していた病院のように、問題がなければ普通の食事が出ることもあるそうです。

いきなり食べられないよ~と思いましたが、食べてみれば全く問題ありませんでした。

 

さらに、点滴で入れていた麻酔を外すことになりました。

麻酔を外す分、痛み止めの薬をいただけるのですが、ロキソニン(ロキソプロフェン)を出してもらえるところをカロナール(アセトアミノフェン)しか出せないと…

私の腎臓の数値がまだ良くなかったからだそうです。

私のイメージでは、ロキソニンはしっかり効く(昔、親知らずの抜歯をしたときもロキソニンが処方されました)カロナールは優しく効く、という感じです。

実際、カロナールを飲んでいても傷口の痛みはキツかったです…

 

そんな風に痛みに耐えているところで、リハビリ開始。
通常の帝王切開ではリハビリはありませんが、私の場合はICUに入っていたからか、受けられることになりました。

寝返りを打つことすら難しい状態で、体を起こし、座って、立って、少し歩いて体重計に乗れと…

無~理~!!!

実際に、かなり辛かったです。

帝王切開で出産された方は、翌日から歩くように指導されるとのこと。
お腹切ってるのに歩けなんて…キツイ…

自分の体が思うように動かせず、とても辛かったです。

 

 

次の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(28)我が子の状態は







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ