コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(19)何もわからない

前回の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(18)目が覚めると…

出産レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話①まさかのぎっくり腰

妊娠レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話①妊娠判明(1)

 

本編

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

小児科の先生から、生まれた娘についての説明がありましたが、その時の私にはうまく理解ができませんでした。

とりあえず命は助かったようだが、本当は深刻な状態なのかもしれない。
私が取り乱さないように、本当の病状を隠しているのかもしれない。

そう思っていました。

自分自身の状態について把握することも難しく、点滴の交換に来る看護師さんにいろいろと尋ねたりしました。

点滴は、両腕に6本針が刺さっていて、一本の中に2種類の薬剤が入っていたりしたので、一度に10パックくらい入れられていたと思います(たぶん)

 

何気なく点滴について聞いてみると、輸血!

点滴の色が黄色かったので、まさか輸血だとは思いませんでした。

私は知らなかったのですが、輸血って血をそのまま血管に入れるだけじゃないんですね。

「これは、血の成分を入れるんですよ〜血小板です」
と教えていただきました。

 

この輸血は、どなたかの献血でいただいたものだと思います。
これがなければ、私の命はなかったはずです。

私の命も、娘の命も、たくさんの方のお力で助かりました。
本当に感謝してもしきれません。

私はもう献血をすることはできませんが、何らかの別の形で恩返しができればと常々思っています。

 

次の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(20)夫との電話







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ