コロナ禍での妊娠が超ハードだった話(26)一週間ぶりのシャワー

前回の話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話(25)切迫早産入院中ルーティーン

第1話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話①妊娠判明(1)

本編

 

 

 

 

 

あとがき

一週間頭を洗わないのは、初めての経験でした。

助産師さんにお湯を持ってきてもらって、タオルを濡らして拭くことができたので、体の清潔さは保てていたのですが…

頭を洗えないのって、なかなか辛いものですね。

洗面台で顔を洗うついでに前髪だけ洗っていたのですが、お腹が張るから長時間立ちっぱなしにはなれないし、ベッドの横にある共用の小さな洗面台なので、頭を全部洗うのは無理でした。

 

入院中に体を動かせない患者さんのために、助産師さんが洗髪室で洗ってくれる方法もありました。
背もたれを倒せる椅子に座って洗ってもらう美容院のシャンプーみたいな感じ。

でも、私の場合は、それさえもお腹の張りに繋がってしまうということで許可が出ませんでした。
他にも何か方法はあったのかもしれませんが、いずれはシャワーの許可がでるからそれまでは我慢してね~という感じでした。

 

一週間、頭の不快感に耐えて、やっとシャワーの許可が出たときはとても嬉しかったです。
あの時の喜びは今も忘れられません。大袈裟じゃなく。
入院中に嬉しかった出来事ベスト3に入りますね。

点滴も一週間刺しっぱなしだったので、管が外れて身軽になれたのも気分爽快でした。

 

シャワーの許可が出てからは、毎日シャワーすることができました。
トイレ以外にも病室の外に出られるようになり、自由度が広がって、入院生活も楽しめるようになってきました。

 

次の話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話(27)壮絶な出産体験談







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ