コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(17)夫side 憔悴しきった電話

前回の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(16)父side 手術終了

出産レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話①まさかのぎっくり腰

妊娠レポ漫画第1話はこちら

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話①妊娠判明(1)

 

本編

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

帝王切開になったという連絡が入ったのが深夜1時台、手術が終わったと連絡が入ったのが深夜3時台。

その間、夫は眠ってしまわないようにテレビを見ていたそうです。
なんせその前にたっぷりお酒を飲んでいたので…

でも、手術が無事に終わるかどうか心配で、寝るどころではなかったようです。

 

私の父から電話がかかってきたとき、途切れそうな声だったこともあり、夫は最悪の事態を覚悟したとのことでした。

父は疲れ切っていただけで、結果として二人とも命は助かっていたのですが。

何もできず、ただ待っているだけというのも辛かっただろうなと思います。

 

次の話はこちら

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話(18)目が覚めると…







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ